美濃村晃氏の緊縛写真

80年代の末、SMの巨星美濃村晃氏がご自身の半生を語られた記事を月刊『スパーク』に連載されました。後に一部がSMスナイパーに転載されましたが、その中に使われた緊縛写真の一部を所持致しておりますので、記事と共にご覧に入れます。

 私、幾ばくかの緊縛写真を所持致しております。
 奇譚クラブに関係したものは、http://blog.livedoor.jp/mrbunjousyashin/ に、その他、風奇・裏窓などの関係写真は http://blog.livedoor.jp/mrbunjousyashin/ で公開しております。
 そこに当てはまらない写真は、適当に束ねて放ってありました。それが80年代末、美濃村晃氏が月刊『スパーク』にご自身の半生を語る記事を出されたとき、カットとして使われたものと知りましたので、整理がてらお目に掛けたく存じます。
 記事のコピーと使用された写真を公開することは、著作権や猥褻物に触れることもあり得ます。一応アダルト指定致しておりますが、各方面の皆様で問題をお感じになったら、直ちにコメント下さい。修正・消去いたします。

83) はみ出し兵曹行状記 その2/12関連写真

 月刊スパーク 1988年11月号と89年10月号 で発表されました「はみ出し兵曹行状記その2と12 関連の写真を、神保町の書店から入手致しましたので、お目にかけます。
 本サイトでは、51・54頁(51-2/54-3)にある写真、及び同一状況で撮影されたらしい作品です。
 83-10と11をアップするのを忘れておりました。この糊痕のような紙の繊維が取れないかと思いまして気が付きました。遅まきながらお詫びを込めて。(2017.8.20)


83-1~4) 蟹縛り
 同誌トビラの頁を飾る写真とその関連の画像です。大手札サイズフチありですが、なかなかしっかりしたプリントです。400DPI. でスキャンしました。最初から、この紙の切れ端のようなものが付着しておりました。お気になられるようでしたらトリミングしてプリントいただければ幸いです。残念ながら一部にモザイクが必要なようです。
 この首の曲がり具合がいいですね。イエ、私も最初は別の所に眼が行ったんですがね。
  
83 はみ出し兵曹01d83 はみ出し兵曹02d


83 はみ出し兵曹03c83 はみ出し兵曹04c


83-5~11) 上記同時撮影分 
 多分、上と同時に撮影されたものと思われます。 
 こちらも一部モザイクが必要かと思い処理していましたら、83-1もかなと思いましたので、アリに入れ替えておきました。
 毎度申しますが、私モザイクって嫌いです。せっかく中のほうまで丁寧に修整して美しく見えるようにしているのに、その上からモザイク。何か大きな無駄しているみたい。大騒ぎしている「豊洲市場の盛り土」みたいに思えて。

 そう言えば豊洲騒ぎ。 「全体に盛り土」って言ったって、建物を建てる部分は、地下スラブを造るために、すぐにその土は掘り出しちゃうんですよ。 すぐに掘り出すものをどうして盛らなきゃいけないのか、そこがわからない。 盛っておいて掘り出すのは税金の無駄でしょう。 そんな事したって微量のシアンは止まらないよ。 大阪アメニティーパークと同じで、工場跡地なんだから汚染物質は必ずある。

 スラブを中空にするのも普通の工法。 点検口を設けて地下水をチェックしやすくしてあるのも良心的なやりかたで、継続的に汚染物質をチェックできる。 どう考えたって過去の答申書より優れたやりかたでしょう。 審議に集まる学者さんは、知識は持ってるけど知恵はない。 知恵は現場が持ってるんです。
 本当の原因は、盛り土じゃなくて、その前に汚染土を徹底的に取り除いたか? のほうだと思うんだけどなー。 もしそうなら、罪は答申書をまとめた人の側にあって、今回の工事関係者は逆に被害者。

 今回のゴタゴタは、「小池劇場」の幕を開くために世間を騒がせて、そこに騎士よろしく小池さんが登場して「イヨッ大統領!」と観客に言わせたいだけのように思えます。 --ここ「Enter the Dragon (Thomas Hardy 作)」 の洒落です。ブルース・リーじゃないよ--
 都庁役人の生け贄と踏み絵ですね。 意味のないことで、被害者がお気の毒

 マスコミも小池さんに騙されているのか、建築の知識に疎いのか、「どうしてそれがいけないの?」と疑問を呈しているところは一つもない。 オカシイね。  
  

 ところで、豊洲に住んでいる人たちの健康は大丈夫なんだろうか? ああ、高層マンションだから地下水の影響はないのか。
  
83 はみ出し兵曹05d83 はみ出し兵曹06c
83 はみ出し兵曹07c83 はみ出し兵曹08c

83 はみ出し兵曹09c83 はみ出し兵曹10c

83 はみ出し兵曹11d
 最後の2枚を追加しました。  

83-12~14) キャビネサイズ3枚 
 2017年、あけましておめでとういございます。同じ束に同じモデルさんで同時撮影らしきキャビネサイズの印画が3枚ありましたので、これをアップしてこのページを閉じます。すべてモザイク処理をしなければどうにもならない代物ですのでご容赦ください。
 印画はキャビネで大きいのですがシャープさはさして感じません。

 

83 はみ出し兵曹キャビ12d83 はみ出し兵曹キャビ13d

83 はみ出し兵曹キャビ14d






 

82) 股間あぐら縛り

 長く更新しないまま、はやお盆を迎えることになりました。この間ボチボチ準備した写真が20枚強ありますので公開します。
 ここからは、あまりアブナイ写真はありません。私には識別眼がないので、モデルがどなたかはわかりませんが、緊縛写真史には、谷まりもさんだとか萩千景さんといったお名前が上がっています。サスペンスマガジンなどをしっかり調べれば、わかるのかも知れません。
 いや、あの雑誌の写真には、局部にガムテープのようなものが貼ってあったんでしたっけ?剥がすとき痛くなかったのかな?
 なお、2015年8月23日に、48頁 「美濃村晃氏の秘本紹介『縄付き水揚帳』その1」 月刊スパーク88年7月号 を更新しました。 

82-01)
82-01Mc 前頁の最後と良く似ているんですが、紐もバックも違いますので、別にしました。
 このころの写真には羞恥の表情と廉恥のポーズがあります。女性のしとやかさが美徳であった時代ですね。「モーレツ」以来ハレンチが当たり前になって・・・・永井豪さんってエラかったのかな? ヤハリ。

82-02)
82-02Mcしみじみ、いいなと思います。

82-03)
82-03Mc

82-04)
82-04Mc 02と同じネガのプリント違いでしょうか? あるいは連続撮影の別カットでしょうか?ちょっとアップになっただけのようにも見えます。 

82-05)
82-05Mc 股間縛りが少しずつ崩れて参ります。

82-06)
82-06Mc 03から05,06と、さらに寝たポーズに。

82-07)
82-07Mc ちょっと胡座責め風ですが、縄はあくまでも優しいです。

82-08)
82-08Mc カット違いですが少しハイキーに撮られています。

82-09)
82-09Mc

82-10)
82-10Mc

82-11)
82-11Mc このあたり、ますますアブナクありません。

82-12)
82-12Mc

82-13)
82-13Mc

82-14)
82-14Mc これは「あぐら」とは言えないんですが、股間縛りには間違いありませんので・・・。経堂みやびさんの絵に良く似たポーズのがあったように思います。

82-15)
82-15Mc

82-16)
82-16Mc

82-17)
82-17Mc

82-18)
82-18Mc

82-19)
82-19Mc
82-20)
82-20Mc ここからは、シリーズが違っています。

82-21)
82-21Mc 本来は、80頁の続きでしょうか。ストッキングに伝線はありませんが。

82-22)
82-22Mc

82-23)
82-23Mc

82-24)
82-24Mc この襖の柄、どこかにありましたね。どこだっけな?昔のことなので忘れてしまいました。インターバルが空くと忘れますね。いえ、年のせいかな?

 この頁、ここまでとします。



81) 腰紐による括り

 着物を着るときに使う紐で括った写真をお見せします。どうして「括る」のか?ですって。何となく紐は括るのがやさしくていいと思うんです。縄だって「縄ぐくり」っていう言葉はありますし、小さな旅行鞄なんかだったら「紐で縛って」と言うかも知れませんが、何となく紐は括って縄は縛るような気がするのです。 
 11/2 に追加をアップしました。これでこの頁を了えます。 

80-07c81-01)
 80頁でアップしていた分2枚をこちらに引っ越しました。
 腰紐を使って、やさしく。括っています。
  





80-08c81-02)
 多分35㎜カメラでフィルムはトライXかな? 少し硬調で粗れていますが、現像をちょっと押したようですね。
 







81-03Mc81-03) 
 上と同じシリーズ・モデルです。うっすらセピア色に褪色しています。腰の部分に印画紙のシミが見られますがそれ以外は綺麗な写真です。
 

81-04Mc81-04) 
 列伝⑦ 本ブログ7頁に2枚掲示した写真も同じシリーズです。
 

8181-05Mc-05)
 ここでは08まで8枚お目に掛けます。
 
 

81-06Mc81-06) 


81-07Mc81-07) 
 引き伸ばし時のトリミングだけで、上と同じネガなんでしょうか?
 

81-08Mc81-08) 
 以上が列伝⑦。 スナイパーなら98頁関連の写真でした。
  

81-09Mc81-09) 
 ここからはシリーズが違います。大変な伸ばしボケの写真です。大手札用固定イーゼルを使っていますので機械伸ばしかも知れませんが、調整不良でしょうか。ですから最大近くまでピント出しをしましたがフィルムの粒状は目立ってきません。(裏に鉛筆書きで11と書いてあります)
 


81-10Mc81-10) 
 あまりにも手間がかかるので、最初の段階でアンシャープマスクを200~300%掛けてみました。するとネガや印画のあらゆるヨゴレが出て、修整が大変なことになりました。 
 肌が黒いのはY2フィルター無しでカラー用のブルーフラッドかストロボを使ったのでしょうか? (写真裏に19とあります)



81-11Mc81-11) 
 伸ばしボケが激しいものの、元のネガにはきちんとピントの合った映像が存在したようです。
 

81-12Mc81-12) 
 これだけは、きちんとピントが出ていました。なかなか粒子の細かいフィルムを使っています。撮影用ストロボが出回った頃の写真で、高感度フィルムの必要がなくなったのでしょうか?
 

81-13) 
 わかりにくい写真で、胸が紐で括られていると見えたんですが、修整のため拡大してみると縄でしたので、別のページに掲載し、ここは欠番と致します。
 

81-14Mc81-14)   
 ここからは別のシリーズです。何とかセーフかなと思うのですが、アウトと判断されましたらご一報下さい。










81-15Me81-15) 
 これはアウトだと思いますので黒でつぶします。
 



81-16Me81-16) 
 ちょっと微妙ですが中味が見えていますのでアウト。
 




81-17Me81-17) 
 男性側が原因でアウトの場合はモザイクにします。
 


81-18Me81-18) 
 完全にアウト。
 




81-19Mc81-19) 
 また別のシリーズです。 






81-20Mc81-20) 
 パトローネの縁から光り漏れでしょうか? それならこのコマが1枚目の筈です。  







81-21Mc81-21) 
 何か、作家の自室っていう感じですね。侘びしいけど、こういう女性といつも居られたら、これもいいですね。
 






81-22Me81-22) 
 引き続きアップします。
 私としてはセーフだと思うんですが、ちょっと剥けてまして用心しときます。



81-23Mc81-23) 
 
 

81-24Me81-24) 
 
 

81-25Me81-25) 
 合計24枚のラストです。
 陰阜が盛り上がるように縛っています。79-5の絵のようですね。こう盛り上げたり剥き出したりするのはなかなか難しいんじゃないでしょうか?
 




 

80) セーラー服の緊縛 縛られ女郎列伝(8)関連

 79頁で、相当条件の悪い写真の再生が出来ました。これに気をよくして、8頁=スナイパー誌の列伝8関連と思われる写真をアップします。
 ところで、保管していたアルバムを改めてめくりますと、同様の写真が沢山出てきました。元々このブログは雑誌記事に使われたものを探して、その頁毎にご覧いただいたのですが、雑誌公開が一段落した今、その意味が無くなりました。そこで、必ずしも同時撮影じゃなくても、モデルさんが違っていても、良く似たものを一括してお目に掛けることにします。企画が不統一ですがご容赦下さい。
 ということで、80頁は「セーラー服の緊縛」といたします。(9/21) 

 なお、セーラー服を着ていても、モデルさんのコスチュームです。未成年とは決められませんので、その点よろしく。
 

80-01e80-01) 
 79-1,2) と同じくらい暗く、コントラストのない画像でした。でも部屋が違うみたいだし、黒のストッキングしてるし・・・・。









80-02e80-02) 
 これも和室風だけどベッドの頭板が見えない。








80-03c80-03) 
 この伝線の入った黒のストッキングって妙にそそられますねって話したら、「ヘンタイ!」って返されました。ソコの部分が変態なんでしょうかね?私は。 



80-04e80-04) 
 あぐら縛りの仕掛かりでしょうか?





80-05e80-05)
 この男性、決して乱暴には扱っていらっしゃいません。縛ってはいますが、女性を丁寧に優しく・・・・。最近のDVとは全く別の愛情豊かな世界です。





80-06e80-06) 








80-07 e80-07) 
 同様の写真が出てきましたので、構成を変えます。セーラー服以外にもゾロゾロ出てきたのです。
 今までここにあった写真は、81頁に「腰紐による括り」として一括します。
 

 さて、この写真。お指は入ってるのかな入り口に置いているだけかな? 


80-08e80-08) 
 初めっから最小限塗りつぶしておきましょう。







80-09c80-09) 
 33-P1,P2に関連する写真です。
 



80-10c80-10) 
 おそらくネガにカビが繁茂したのでしょう。無数の白斑に覆われた写真でした。ほとんどペインティングしたぐらいの修整をしましたが、不自然に思われるようでしたらストレートスキャンに入れ替えます。でも元の画像なんて見れたものではありませんよ。
 


80-11Me80-11) 
 このブログ8頁。スナイパー97頁に関連する写真です。
セピア色にほどよく変色しており、カラーでお見せするのも一興なのですが、黒白に修整したものをアップ致します。
 



80-12Me80-12) 
 いくらなんでも、これでは修整せざるを得ません。指で開いているのですから。
 

80-13Me80-13) 
 ややコントラストが強いものの、写真としては上々の保存状態です。すこしトーンカーブを緩めようかと思ったのですが、この程度だったら良かろうと、硬いままにしておきました。
 

80-14Me80-14) 
 これも同様です。


80-15Me80-15) 
 8-P2) 関連の写真です。角度のある写真ですので、どこを下に回転させればいいのか良くわかりません。これも修整必須と思います。
 


80-16Me80-16) 
 足に力が入っていません。単なるポーズですね。やさしいです。
 



80-17Me80-17) 
 同上写真です。
 

80-18Mc80-18)
 これは何をしているところかわからない。多分原板は35㎜。SSSかな? カメラのピントも余り良くありません。レンズも多分45㎜ぐらい。サブカメラか、アマチュアの写真か?
 これで、この頁を終えます。これら写真の多くはこのブログ8頁や33、34頁の関連写真です。
 


 

79) 修正困難写真

 前頁で、雑誌のコピーは2号を除いて終わりました。ご退屈さまでした。
 さて、私の所持いたします、あまり誉められない写真でございますが・・・、雑多なものがありまして・・・、奇クを含むフェチSM系が約2000枚。それとほぼ同数のエロ写真・温泉土産系。そして僅かですがイラストを複写したものもございます。 
 中には、特に温泉土産系統に多いのですが、ピンぼけ、カブリ、退色など、どうにもしようがない印画が多くございます。 
 そんな写真をどこまでデジタルリマスターできるか、一番酷い写真でちょっと試してみました。
 なお、イラスト絵のコピー写真は、今までにない題材です。今回の3枚とは全くタッチの違う作家が多いのですが、もしお気に召しましたら、またいずれかにページを設けて公開致します。といっても老齢で能力体力共に低下した人間が仕事の合間にすることですので、遅々として進まないのですが・・・・。

79-1~2) 柚木嬢+濡木氏関連写真2枚=コントラスト低下
 全体に灰色カブリで極端にコントラストの低い印画です。ピンぼけも相当のものでした。セーフライトが粗悪だったのか、誰かが暗室の扉を開けたのか、昔よく言った「風邪を引いた印画紙」にプリントしたものかも知れません。
 スキャン時からアンシャープマスクを効かせて、受光帯域を狭めてコントラストを高め、取り込み後もシャープネスを効かせて画像を整えました。局部は最小限塗りつぶして、ようやくこの程度になりました。

濡木失敗写真1e濡木失敗写真2c


79-3~5) アラビアの城
 かなり酷いピンぼけ写真でした。雑誌か何かに載ったのでしょうか? 作者も何もわかりません。
 アラビアじゃありませんが、だいぶん以前にトプカピ宮殿のハレムを見学したことがあります。内部は工事中ばっかりだったのですが、トルコ皇帝のお母さんの部屋や皇帝の最高の寵姫の部屋も、意外
に小さかったのを覚えています。日本で言うとちょっと大きめのマンション2部屋分って感じ。皇帝が出向いてベッドを共にするにはねー。もちろんこの絵のような部屋は無かったし、在ったとしても見せてもらえるはずも無し。スケベ心で行くところではありませんでした。
 ネガがピンぼけなだけで引き伸ばしボケは少ないようでしたので、上記写真と同様ピント出しをしました。

アラビアの城1cアラビアの城2cアラビアの城3c


79-6~7) エロ写真 保存状態悪く、ほとんど画像として見えなかったもの2枚
 今度は薄いセピア色に褪色して、うっすらと何やらふわふわした像の見える印画でした。何とかやってみましたがこの程度が精一杯みたいです。局部は大嫌いなモザイクを施しました。

エロテスト退色写真1eエロテスト退色写真2e





 
記事検索
最新記事
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ごらん頂き有り難うございました。

最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ