美濃村晃氏の緊縛写真

80年代の末、SMの巨星美濃村晃氏がご自身の半生を語られた記事を月刊『スパーク』に連載されました。後に一部がSMスナイパーに転載されましたが、その中に使われた緊縛写真の一部を所持致しておりますので、記事と共にご覧に入れます。

 私、幾ばくかの緊縛写真を所持致しております。
 奇譚クラブに関係したものは、http://blog.livedoor.jp/mrbunjousyashin/ に、その他、風奇・裏窓などの関係写真は http://blog.livedoor.jp/mrbunjousyashin/ で公開しております。
 そこに当てはまらない写真は、適当に束ねて放ってありました。それが80年代末、美濃村晃氏が月刊『スパーク』にご自身の半生を語る記事を出されたとき、カットとして使われたものと知りましたので、整理がてらお目に掛けたく存じます。
 記事のコピーと使用された写真を公開することは、著作権や猥褻物に触れることもあり得ます。一応アダルト指定致しておりますが、各方面の皆様で問題をお感じになったら、直ちにコメント下さい。修正・消去いたします。

4) 縛られ女郎列伝 [4] SMスナイパー1993年8月号

4-1~7) 縛られ女郎列伝[4]
 スナイパー8月号に再掲されたものです。
縛られ女郎04001b縛られ女郎04002b縛られ女郎04003b縛られ女郎04004b縛られ女郎04005b縛られ女郎04006b縛られ女郎04007b
 


縛られ女郎04096c4-P1) 96ページ「ひな子」類似写真
 96頁に「ひな子」として掲載されているものと、同じ絨毯での写真です。同じ日に同じモデルという保証はありませんがご紹介のみさせていただきます。

 

3) 縛られ女郎列伝 [3] SMスナイパー1993年7月号

3-1~7) 縛られ女郎列伝[3]
 スナイパー7月号に再掲されたものです。
縛られ女郎03001b縛られ女郎03002b縛られ女郎03003b縛られ女郎03004b


縛られ女郎03005b縛られ女郎03006b縛られ女郎03007b

縛られ女郎03094c3-P1) 94頁「ひな子」の関連写真
 かなり似てますが同一ではありません。多分隣のコマでしょう。美濃村氏の着ている丹前が細かい縞とは印刷では判りませんでした。
 責められる女性の表情が経堂雅さんの絵に似てますね。掲載写真は目をつぶっていますが、私はこちらのほうが好きです。裏に小さく6と書いてあります。



縛られ女郎03094Bc3-P2) 94頁「ひな子」の写真-B
 ありましたありました。全く同じ写真が。トリミングが違っているので気づきませんでした。ネガは6×6ですから雑誌原稿ではもう少し上部が出ています。
 このあたりが無修正で掲載出来る限界かなー。これ以上になると何らかの方法で隠さねばならないかも知れません。
 美濃村氏の指は添えられているだけで入ってはいません。股縄が通っているので入る道理がないですから。裏に小さく7と書き込みがあります。

 

2) 縛られ女郎列伝 [2] SMスナイパー1993年6月号

2-1~7) 縛られ女郎列伝 [2] 
 スナイパー6月号に再掲されたものです。  

縛られ女郎02001縛られ女郎02002縛られ女郎02003縛られ女郎02004縛られ女郎02005縛られ女郎02006縛られ女郎02007


2-謹言)
 最初、この手の写真は100枚程度と見ておりました。ブログを始めて改めて段ボールをひっくり返しましたところ、出るわ出るわ。倍を超えて300に達するかと思われる量が見つかりつつあります。一見して同じと分かるものもありますので、実際に何枚か? コピーでなく本当にオリジナルのプリントか?などちょっと分類考証の必要がありそうです。
 そこで、このサイトの更新を一時中断致します。先に写真の整理をしないといけないようです。暫くお時間を戴きますようお願い致します。

縛られ女郎02095c2-P1) 95頁「おとき」の関連写真  
 これじゃ全然違うじゃないかと言われそうですが、同じモデルさんの、前から後からじゃないかと思っています。見つかったのはこれ一枚です。結構近代的な絵で、昭和25年の写真とは考えられません。
 床の間の3本の竹、髪の毛の量とウエーブの付き方がよく似ています。でもこんな女性を後からローアングルで写すと95頁のように偉大なお尻に見えるのでしょうか? 縛り写真を撮ったことのない私には想像出来ません。
 この写真は手札版より少し細長い縁無しの印画です。
 前項の出てきた写真ですが、合計350枚ほどになりました。未だそんなにお宝が埋もれていたとは思わなかったのですが・・・ 但し美濃村氏がこのシリーズで使った写真と確認出来るのは50枚ぐらいです。スパークをきちんと読めばもっと増えるのかも知れません。
 ちなみに、1-P1関係はこの襖の分だけで10枚、P2関係は8枚見つかっています。あちこちで使われていますので、残りは別のページでお目に掛けます。
 GT5500様とたおやめ様から95、96頁は共に谷まりも嬢とご指摘頂きました。同じモデルが「おとき」になったり「お芳」になったり、何といい加減なとお怒りかも知れませんが、これはむしろ美濃村氏の読者へのサービス精神のなせる業とご理解頂きたく存じます。 昭和30年代中期撮影というのもその通りと思います。 



1) 縛られ女郎列伝 [1] SMスナイパー1993年5月号


 私、昭和期の緊縛写真をいささか所持致しております。別に集めたくて蒐集したわけではありません。最初はほんの5~6年前。偶然の機会だったのです。それから面白くなりまして、少しはお金を出して集めました。
 雑多な写真が集まった中に、エロ写真なのか真面目な緊縛写真(?)なのか判らない一群があり、適当にエロ写真の束にぶち込んでおりました。その中の幾ばくかが、美濃村晃氏の『縛られ女郎列伝』に使われていた事を知ったのは大分後のことです。
 これら写真が本当に美濃村氏に関係するものなのか、本当に記事内容と一致するものなのかは判断出来ません。文章を書いておいて、そこらの写真を適当に貼り込んだと疑うことも出来ましょう。けれども美濃村氏が自由に使える写真であったことだけは間違いありません。
 最近になって、SMスナイパーに連載された『縛られ女郎列伝』に加えて、当時の月刊スパークの大部分を入手出来ましたので、美濃村氏の記事とともに、その関連の生写真をお目に掛けようと思います。
 連載時期は1985年から95年頃。昭和末期から平成始めの時期で、私がSMに全く興味を示さなかった頃です。当然、勉強不足勘違いなど種々あると思います。記事の発表から最短15年しか経っていません。スパーク誌やスナイパー誌が今も続いているのか、廃刊になったのかも知りません。もし、著作権上の問題があるなら、その旨コメント欄でお知らせ下さい。善処致します。
 また、これら写真は美濃村氏の個人的趣味嗜好を満足させるために撮られたものか、そうとう危ないものも含まれております。そのまま載せますとケーサツにアウト!と判定されそうですので、嫌いな修正を掛けねばならないこともありそうです。もし、そちらのほうでアウト!とお感じでしたらセーフに差し替えますので、これもコメント下さい。
 全部で60数ページのブログとなる予定です。

1-1,2) イントロダクション 縛られ女郎列伝-秘話
 まずはSMスナイパー93年5月号に掲載された木村聡氏の記事です。お読み頂ければ分かりますので、くどくど申しませんが、スナイパーとスパークの記事と写真がこのサイトの全てです。

縛られ女郎列伝01001縛られ女郎列伝01002

1-3~9) 縛られ女郎列伝 Ⅰ 
 スナイパー連載の第一回目です。
縛られ女郎列伝01003縛られ女郎列伝01004縛られ女郎列伝01005縛られ女郎列伝01006縛られ女郎列伝01007縛られ女郎列伝01008縛られ女郎列伝01009

1-P1,2) 関連写真 
縛られ女郎01001c縛られ女郎01002c 左は92ページに「ひな子」として出てくる写真の多分同時撮影分。
 ゆかたの男性が美濃村氏と云うことになっていますが、本文では顔出ししていらっしゃるので真実でしょう。
 同じ部屋、同じモデルの写真が10枚ばかりありますが、スパークの87年4月号では「美鶴」になったり、あちこちで使われています。特にこれと同一写真がスナイパー94年3月号の列伝[11]に「お霜」16歳として掲載されております。もちろん本人ではありませんし年齢もデタラメの筈です。

 右は94頁の写真と同じ場所同じモデルです。95頁の柱縛りもそれらしい写真があるのですが、もう一つピタッときませんのでこのページは2点のみです。



記事検索
最新記事
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ごらん頂き有り難うございました。

最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ