長く更新しないまま、はやお盆を迎えることになりました。この間ボチボチ準備した写真が20枚強ありますので公開します。
 ここからは、あまりアブナイ写真はありません。私には識別眼がないので、モデルがどなたかはわかりませんが、緊縛写真史には、谷まりもさんだとか萩千景さんといったお名前が上がっています。サスペンスマガジンなどをしっかり調べれば、わかるのかも知れません。
 いや、あの雑誌の写真には、局部にガムテープのようなものが貼ってあったんでしたっけ?剥がすとき痛くなかったのかな?
 なお、2015年8月23日に、48頁 「美濃村晃氏の秘本紹介『縄付き水揚帳』その1」 月刊スパーク88年7月号 を更新しました。 

82-01)
82-01Mc 前頁の最後と良く似ているんですが、紐もバックも違いますので、別にしました。
 このころの写真には羞恥の表情と廉恥のポーズがあります。女性のしとやかさが美徳であった時代ですね。「モーレツ」以来ハレンチが当たり前になって・・・・永井豪さんってエラかったのかな? ヤハリ。

82-02)
82-02Mcしみじみ、いいなと思います。

82-03)
82-03Mc

82-04)
82-04Mc 02と同じネガのプリント違いでしょうか? あるいは連続撮影の別カットでしょうか?ちょっとアップになっただけのようにも見えます。 

82-05)
82-05Mc 股間縛りが少しずつ崩れて参ります。

82-06)
82-06Mc 03から05,06と、さらに寝たポーズに。

82-07)
82-07Mc ちょっと胡座責め風ですが、縄はあくまでも優しいです。

82-08)
82-08Mc カット違いですが少しハイキーに撮られています。

82-09)
82-09Mc

82-10)
82-10Mc

82-11)
82-11Mc このあたり、ますますアブナクありません。

82-12)
82-12Mc

82-13)
82-13Mc

82-14)
82-14Mc これは「あぐら」とは言えないんですが、股間縛りには間違いありませんので・・・。経堂みやびさんの絵に良く似たポーズのがあったように思います。

82-15)
82-15Mc

82-16)
82-16Mc

82-17)
82-17Mc

82-18)
82-18Mc

82-19)
82-19Mc
82-20)
82-20Mc ここからは、シリーズが違っています。

82-21)
82-21Mc 本来は、80頁の続きでしょうか。ストッキングに伝線はありませんが。

82-22)
82-22Mc

82-23)
82-23Mc

82-24)
82-24Mc この襖の柄、どこかにありましたね。どこだっけな?昔のことなので忘れてしまいました。インターバルが空くと忘れますね。いえ、年のせいかな?

 この頁、ここまでとします。